若くて綺麗に見えるママの髪で大事な〇〇。秘訣を美容師さんに聞いてみた

若くて綺麗なママになるには髪を綺麗にしなくちゃ!!そう思ってこの記事にたどり着いたと思います(^^♪

その気づきがまずは大きな一歩です!!

髪型で若さを出したいママ、艶を出す方法が知りたいママへ

本記事では、髪で若さを出す大切な美意識ポイント基本の2選をお伝えします。

目次

若くて綺麗に見えるママの髪ってなに?

子育て真っ最中のヘアスタイルといえば、家事や育児に邪魔にならず時短でできる王道の1つ結び

きっちり結ぶと気合も入るし、くせ毛も寝ぐせも素早くごまかせて最高ですよね!

だけど、このきっちり髪型はおばさんに多く、年齢よりも老けてみえると思いませんか?

結ぶにしてもおしゃれにアレンジが必要ってことです。

抜け感を出して中途半端にボリュームや後れ毛を出すとボサボサした印象になって

より疲れたママに見えることも・・

同じ子育て中なのに、同世代なのに・・若くて綺麗にみえるママ

いったい何が違うのか考えてみました。

  • 前髪があるとか、ロングヘアとか、流行りの髪型とか・・トレンドを取り入れることが大事?
  • だれでも若く見える!黄金の若見え髪型があるの?
  • 自分の顔に似合うヘアスタイルをみつけることが綺麗なママになるコツ?
  • 高級サロンのカリスマ美容師にお願いしてるから綺麗なの?

髪のことは美容師に聞くのが1番です!

信頼できる髪のプロに聞いてみました。

若くて綺麗に見えるママの髪型について美容室のトップスタイリストさんに聞いてきました!

(美容師歴20年以上東京都心でキャリアを積み髪の疑問はなんでも答えてくれる信頼できる方です)

40代でも若くて綺麗に見える髪型ってありますか?

もちろん似合うヘアスタイルにするのも大切だけど
若く見えるのは髪型じゃなく髪の質

大事なのは、髪型よりもだよ

若くて綺麗に見えるママの髪で大事な秘訣はつや!

どんなに似合ったトレンドのヘアスタイルでも、パサパサダメージヘアでは台無し。

いくらトップスタイルに流行りのカットをお願いしても目指している若くて綺麗なママにはなれません

ショートヘアでもロングヘアでもお手入れの行き届いた艶のある髪であれば若くて綺麗なママになれるってことです

そこで艶を保つポイントも聞いてみました。

若くて綺麗に見えるつや髪を保つには?

まずは基本のお手入れ2点から意識していきましょう

  • 洗う
  • 乾かす

この毎日のお手入れからしっかりできているか見ていきます

髪を洗う時のやってはいけないこと

髪の毛の洗い方でこんなことはしていませんか?

NG行動

  • 髪を毎日洗わない
  • 夜ではなく朝に髪を洗う
  • 湯舟のお湯で髪を洗い流す

髪を毎日洗わない

皮脂が頭皮で24時間以上放置されると、毛穴の詰まりの原因になります

酸化した脂肪酸や菌はにおいの原因になることも・・・

必要な皮脂までシャンプーで取りすぎてしまう気がしてあえて洗わない方は

シャンプー自体の洗浄力が強すぎる可能性があるので使用しているシャンプーを変えてみるのがおすすめです

夜ではなく朝に髪を洗う

夜にシャンプーをしないと、日中に浴びた紫外線の影響で増えた皮脂や1日の汚れをより長時間頭皮に放置することになり頭皮トラブルになりやすくなります。

また、ヘアオイルや整髪料を残したまま就寝し、朝に洗髪すると、またすぐに整髪料が必要になり髪の毛がリセットされている時間が短くなってしまいます。

朝夜1日2回のシャンプーは皮脂の回復が追い付かなくなるため、夜の1回のみがベストです

湯舟のお湯で髪を洗い流す

節約のために湯舟のお湯で髪の毛を洗い流す方もいますが

湯舟のお湯には、人の体の汗や汚れが混ざり細菌も多くなるためおすすめできません。

湯舟に浸かる前に髪や体を洗い最後に湯舟に浸かる順番にすると節約になりますが

入浴剤を入れたお湯の場合は洗髪に使用してもすすぎは清水のシャワーのお湯を使用するのが推奨されています。(日本浴用剤工業会参考)

実は知らない!髪の毛の正しい洗い方のポイント

シャンプー前のすすぎが大事!!

皮脂や汚れの7~8割を落とすイメージですすぎはしっかり時間をかける

シャンプーで洗う

髪に水分をたっぷり含んだ状態でシャンプーを髪にのせソフトタッチで泡立てます

整髪料や汚れ具合によっては泡立ちにくいので、1回目で汚れを浮かし流してから

2回目のシャンプーでしっかり泡立てると効果的に洗えます。

シャンプー後のすすぎ

指の腹をつかい頭皮をすすぐイメージで2分ほどゆっくり時間をかけてすすぎます

髪の乾かし方で綺麗ポイント艶を出す!

髪の毛の乾燥どうしてる?

NG行動

  • タオルドライして自然乾燥
  • タオルで巻いたまま就寝

お風呂上りは顔のスキンケアで精いっぱいで髪の毛は後回しにすることが多くなりがちですが

髪の毛も1秒でも早く乾かすのが正解行動なんです

濡れている状態の髪の毛はキューティクルが開き

髪内部のたんぱく質や水分が失われやすくなります。

綺麗な艶を出す髪の毛の乾かし方

STEP
シャンプー後 お風呂場で頭皮についた水滴を飛ばすように髪の毛の根元の水分をトントンと指で弾きます
毛先の水分は軽く手で絞っておきます
STEP
タオルを使っていきます
頭皮と根元部分の髪を軽くほぐしながら水分を吸収していきます
中間から毛先の水分も軽くタオルで絞るように吸収する
STEP
ドライヤーの前に目の粗いコームで髪の毛をとかします(水分が毛先に落ちてきたらタオルで吸収)
STEP
ドライヤーで乾かします
  • 常に高く持ち後ろから前、上から下へ風を当てるのがポイント
  • 表面だけでなく髪の毛の内側をメインでしっかり乾かします
  • 片手で細かく髪をかき上げ根元が乾くように風を送る
STEP
根元に送る風で中間から毛先はほとんど乾きます
最後に冷風で髪を冷やせばつや髪の完成です。

若くて綺麗なママになるには髪型よりもつやが大事

いつまでも若くて綺麗なママを目指すには、髪型よりも髪の毛のつやが大切とわかりました!

そのために、まずは基本の洗い方、乾かし方から見直してNG行動はしない

NG行動

  • 髪を毎日洗わない
  • 夜ではなく朝に髪を洗う
  • 湯舟のお湯で髪を洗い流す
  • タオルドライして自然乾燥
  • タオルで巻いたまま就寝

髪の毛の艶を保って、若々しく綺麗なママになりましょう

目次